収納で失敗してしまった事例

片付けられない荷物

快適な生活をしていくためにも、家づくりを体験した人の声を聞くことが大切です。
そこで、収納で失敗した事例を紹介していきます。

階段下収納について

階段下に収納が作れることを設計段階や建築中に教えてくれる担当者もいますが、中には教えてくれない人もいます。
そのため、事前に階段下に収納が作れるのか聞いた方が良いでしょう。
作れるのであれば、外部収納に利用できるのでタイヤや自転車を置くスペースを確保することができる可能性もあります。

暗さについて

ウォークインクローゼットや階段下収納を広く取ることで便利にはなりますが、窓がないので暗さが気になる人は多いです。
なので、ライトや小さい窓があると便利でしょう。

高すぎる収納は不便

高い位置に収納があると、わざわざ脚立を出す必要があり、面倒に感じます。
安全面でも心配なので、できる限り手の届く範囲に収納があると便利でしょう。

奥行きについて

キッチンに食品庫としてパントリーを作る人も多いですが、奥行きがありすぎると奥が見えにくく、取るのも大変となってしまいます。
賞味期限が切れてしまった食材が放置されるなど、整理整頓ができないだけではなく、環境や家計にも影響してくるので、パントリーは浅い奥行きでも良いでしょう。

ニュース

2018/01/18
パントリーで使い勝手の良いキッチンにを更新しました。
2018/01/18
ウォークインクローゼットは絶対に必要か?を更新しました。
2018/01/18
屋根裏やロフトを最大限活用しよう!を更新しました。
2018/01/18
収納で失敗してしまった事例を更新しました。

記事一覧へ